岩谷堂くらしなのふるさと〜岩手県奥州市江刺

岩谷堂くらしなのふるさと〜岩手県奥州市江刺

奥州市は、岩手県の内陸南部に位置し、北は北上市・西和賀町・金ケ崎町・花巻市、南は一関市・平泉町、東は遠野市・住田町、西は秋田県に接しています。
平泉黄金文化のみなもと
江刺は交通の要所とされ、盛岡、水沢、北上と各街道が延び、それらが太平洋側に抜ける盛街道と合流していました。その為、江刺は古くから周辺一帯の軍事、行政、経済の中心地とされ、長元年間(1028~37)には藤原氏三代の祖となった藤原清衡の父親である経清が豊田城を築き、清衡が奥州の押領使となって平泉に拠点を移すまでの居館となりました。
中世には葛西氏の一族である江刺氏が岩谷堂城を拠点として江刺郡一帯を支配しましたが、葛西氏宗家が伊達家から領主を迎えた事などから葛西氏と抗争が始まりついには滅ぼされます。その後、伊達系の葛西氏が江刺郡総領職と称し、江刺氏を継ぎ北方の南部氏に対しての守りに当たりましが、戦国末期には豊臣秀吉の天下統一が進むな中、葛西氏は小田原陣に参陣せず、奥州仕置きによって淘汰され、江刺氏も改易となりました。(その後、南部氏に登用。)近世に入ると江刺郡は伊達領となり伊達氏の一族である岩城宗規が領主となり、北方の警護の「要害」のひつとして重要視されました。
現在の江刺は周辺四市町村と合併し奥州市となりましたが、周囲には藤原氏時代の史跡が多く、また、平泉が世界遺産に登録されたことにより、観光面での開発にも力を注いでいます。

(写真左:北上川の夕暮れ 写真右:平泉へ移る前の藤原氏初代清衡の居館の地とされる豊田舘)

蔵の町、岩谷堂

江刺の中心部を通称「岩谷堂」と呼びます。
岩谷堂は鉄道の普及に衰退したものの古くから周囲の経済の中心地だった事から、多くの町屋や土蔵が現在でも残され、落ち着いた町並みが続き、「まちづくり」にも積極的です。まちづくりには市民の有志からなる街づくり会社が中心となり、硝子製品の販売やイベントの運営などを行い、あわせて行政も道路のデザイン化や照明やベンチの設置、土蔵の修景などの町並みの整備を行っています。
中心には「蔵町モール」というプロムナード(散歩道)が作られ、地元の商店を中心に「蔵まち市」や「水曜市」を開催、また年に数度「蔵町屋台村」も運営され、賑わいをみせます。

(写真左:蔵まち市 写真右:屋台村)

町の風情

「緑の丘の 赤い屋根 とんがり帽子の 時計台 鐘が鳴ります キンコンカン・・・」
NHK第一ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」は昭和22年から昭和25年、日本中で流れ、その主題歌「とんがり帽子(菊田一夫作詞)」は誰もが口ずさんだと言われています。そのと鐘の鳴る丘のモチーフとなった明治記念館は、明治七年、郡民の浄財により、県下初の西洋医学の殿堂「岩谷堂共立病院」として建築され、その後大正初期から昭和34年頃まで岩谷堂町役場として使われてきたと言います。記念館内には、近世から明治に至る医療、学問、教育等当時の社会と文化を語る資料を展示しています。

周囲には桜の木が植えられ、お花見時には下を流れる人首川の清流と共に、市民から愛される場所になっています。
主題歌の作詞者である菊田一夫の記念館も、古い蔵を活用して開館しています。

(写真左:明治記念館 写真右:菊田一夫記念館)

みちのくハリウッド〜えさし藤原の郷

NHK大河ドラマ「炎立つ」のロケセットをベースに、恒久的な公園をと建設されたのが、「歴史公園えさし藤原の郷」です。
平安時代をコンセプトとした歴史テーマパークは、広々とした公園内に、時代考証に基づいた壮大な建築物が連なり、見学施設としてだけでなく、映画やテレビのロケセットとしても活躍しています。
敷地内には、江刺の歴史を学べる「えさし郷土文化館」も併設。そば打ちをはじめとした地元の古行事の体験学習や歴史講座、そしてロケーションを活かした音楽イベント等も行われ、江刺の文化継承のシンボルとして活躍しています。

(写真上左:えさし藤原の郷 写真上右:えさし郷土文化館 写真下:えさし藤原の郷でのロケ風景)

風の又三郎と賢治

江刺の約半分が北上山地ということもあり、風光明媚な自然の風景も魅力のひとつです。
その代表的な場所と言えば種山高原。かの宮沢賢治がとても大好きな場所で、童話集『注文の多い料理店』に収録された「鹿踊りのはじまり」は、目の前にその幻想的な風景が広がるかのような不思議な魅力を持っています。

また、代表作のひとつ「風の又三郎」は種山高原の中腹の小さな学校が舞台。そこはまさに童話の世界。不思議な風を感じるスポットです。

(写真左:種山高原 写真右:種山高原星座の森〜風の又三郎の像)

伝統芸能とまつり

岩手には沢山の伝統芸能や郷土芸能があります。

ここ江刺も芸能の宝庫。鹿踊りや剣舞、神楽などがいろんな地区で沢山伝えられています。その代表といえば原体剣舞と鹿踊り。どちらも宮沢賢治が題材にし、全国的に知られています。
江刺の団体が集結し、演舞する「江刺鹿踊百鹿大群舞」は年に数回披露され、全国から沢山のファンが集います。毎年5月3日4日に開催される「江刺甚句まつり」でも披露され、沿道を埋め尽くした沢山のお客様から喝采を浴びています。

(写真左:江刺鹿踊百鹿大群舞 写真右:江刺甚句まつり)